産後のお腹のたるみの解消方法

産後にお腹のたるみが気になる女性は非常に多いかと思います。妊娠中の体重増加は赤ちゃんの体重、羊水・胎盤の重さというものが加わっていますが、それらを支えるために増えた分の体重はそのままお母さんの身体に残ります。

また、お腹が大きくなっていた分、皮膚が伸びたりするので、どうしても産後はそれ以前に比べると脂肪が残りやすく、セルライトなども起こりやすくなります。

しかしこの産後のお腹のたるみは、努力次第で改善することができるのです。ここではその、産後のお腹のたるみの具体的な解消方法をご説明します。

体重増加の解消方法というとまず思い浮かぶのは運動と食事制限でしょうが、産後すぐに激しい運動をしたり食事制限をするのはNGです。

産後のお腹のたるみが気になって仕方がない、早くなんとかしたいと思うのは女性であれば当然の感情ですが、長い妊娠期間を経た産後は身体もまだまだ疲れています。

また、赤ちゃんを育てるのには体力と健康が必須です。運動や食事制限を伴うダイエットは、産後半年から1年を待つようにしましょう。

ではそれまでの間はどうすればいいのか。もちろん、その期間にできる産後のお腹のたるみの解消方法というものもあります。

まずは、骨盤ベルトです。妊娠中から産後の間は、赤ちゃんが収まるところを作るために骨盤が緩んでいます。その弛んだ骨盤をベルトで矯正していくのです。

また、心身のバランスを整えるためのアロマセラピーや、リラクゼーション系のマッサージなどに行くのも良いでしょう。お店に行く際には、産後であることを告げて、対応が可能かどうか確認することも重要です。

普段の生活の中で意識できる簡単なお腹のたるみ解消方法というものもあります。そのひとつが、姿勢です。背中を丸めてしまう悪い姿勢でいると、産後のお腹のたるみが余計に加速されてしまいます。

そこで、授乳中や子供をあやしている際にしっかりと背筋を伸ばすこと。それを意識するだけでも半年後の体型がかなり変わってきます。

そんなことで、と思うかもしれませんが、実際にやってみると意外と難しいことが分かります。子供を抱っこしている時というのは、背筋が丸くなりやすいんです。

中には、骨盤ベルトと姿勢の矯正だけで、産後半年たたずに妊娠前の体型に戻ったという人もいます。産後はまだ体調が万全ではなく、そんな中で赤ん坊の世話をしなければならないという大変な時期です。

無理な運動や食事制限は続きませんから、日常の中でできるちょっとしたことをまず気をつけていくようにしましょう。普段の生活の中でできる産後のお腹のたるみ解消方法をきちんと続けていれば、本格的なダイエットは産後半年~1年が経って、その時の体型を見てからでも遅くありません。

骨盤ベルト、姿勢のほかにもう一つ、毎日の生活の中で行いやすいのが食事に気をつけることです。もちろんこの場合の気をつけるというのは食事制限ではありません。

しっかりとバランスのとれた栄養を取ることです。栄養バランスのとれた正しい食事を取ることは、健康維持にもつながり、赤ちゃんに与える母乳にもいい影響をもたらします。

栄養バランスを考えながら毎日の献立を作るというのは確かに面倒ですが、ダイエットの一環と子供と自分の健康のためと考えれば頑張れるのではないでしょうか。

普通のダイエットと違う産後の栄養摂取で気をつけることは、糖質を摂りすぎないことです。糖質は母乳にも影響を与え、お母さんだけでなく赤ちゃんの肥満にも繋がります。

感触に甘いものを食べるのを避けるのはもちろんですが、煮物など料理に使う砂糖の量も意識して減らすようにすると、産後のお腹のたるみの解消方法になります。

お薦めサイト一覧

脊柱管狭窄症でお困りなら腰部脊柱管狭窄症の治療サイトをご覧ください

椎間板ヘルニアで悩んでいる方は椎間板ヘルニアの総合サイトをご覧ください。

リノベーションの費用はこちらのサイトで比較検討可能です。

新着情報

 2016年09月05日:ブロック注射とアトピー
 2016年08月08日:整体と痛風
 2016年06月15日:TOP