産後のお腹のたるみを解消する会 » ストレッチの方法について

ストレッチの方法について

ストレッチと一括りに言ってしまうと簡単ですが、その目的に応じて、種類・方法は多岐にわたります。例えばスポーツの準備運動として行われるもの。

例えば、風呂上りにダイエット効果を期待して行われるもの。腰痛などの特定の症状に対して改善を期待して行われもの。リハビリなど運動能力の回復を期待して行われるもの。

このように、いざ例を挙げていくとキリがなくなってしまいます。では、その種類と効果について、あなたはどの位ご存知でしょうか。ここでは、代表的な種類を挙げ、その効果について説明していきたいと思います。

代表的なストレッチには、スタティック、ダイナミック、バリスティック、PNF、中川式ストレッチングベンチという種類があります。スタティックは、関節の可動域を広げることを目的としたものになります。

可動域を一方向に向けて広げていきます。静止して行うことになるので、一般的なものと言えます。リラックスしながら行なっていくのがポイントです。また、筋肉をリラックスさせる効果もあります。

続いては、ダイナミックです。ダイナミックは、先ほど説明した静止して行う、スタティックとは対照的であり、関節を積極的に動かすことで関節の可動域を広げていくものです。

バリスティックは、反動を利用して行われるものです。瞬間的な刺激を何度かに分け、段階的に筋肉に与えていきます。注意点として筋肉が疲労している状態では行わないようにしてください。逆に怪我の原因となる可能性があります。

PNFは、筋肉の持つ伸張反射と呼ばれる性質を利用します。このストレッチでも、前述のものと同様に可動域を広げることを目的としていますが、さらに関節の連動性や動かしやすさなどについてもパフォーマンス向上が期待出来ます。