産後のお腹のたるみを解消する会 » 鍼灸院の開業について

鍼灸院の開業について

近年、自らの手で鍼灸院を開業しようという方が増加してきています。その多くが鍼灸の学校を卒業し、鍼灸院にて幾年か勤務をした後に独立をするというパターンが多くなっています。それもそのはず、鍼灸の学校を卒業してすぐ独立して鍼灸院を経営なんてできるわけがありません。

日本における鍼灸の学校では、基本的なツボの位置と名称、また治療院としてのプランや解剖、消毒方法などを学ぶことが出来ますが、具体的な病気に対する治療の方法などは知ることが出来ない場合が多くなっています。ですからいざ鍼灸院を開こうとなると技術的にも経験的にもまだまだなのです。

自分の鍼灸院を持つには、一通りの疾患に対する治療方法をしっかりと身につけてからとなりますね。鍼灸学校を卒業して、鍼灸院へ勤務をし、開業に必要なノウハウを身につけることが出来れば良いのですが、中々難しいことも多いようです。

場合によっては鍼灸の発祥と言われている中国へ行き、みっちりと治療技術について改めて学ぶ人も少なくないといった状況です。

そうして一人で患者の治療が出来るようになって初めて開業のスタートラインに立てるのです。 さて、開業をするに当たっては、当然ですが開業から経営までの計画をしっかりと綿密に立てることが必要です。

それは経営のビジョンであったり、どのくらいのスパンで進めていくのか、自らの鍼灸院のカラーをどのように定めるかなど、考えなくてはならないことは非常に多くあります。

最初にして最大といっても過言ではない過程です。そうしてきっちりと計画が出来ましたら、いよいよ本格的に動き出すことになります。例えば、鍼灸院に使う物件を選定しなければなりませんね。立地条件や費用などと相談して、妥協をせずに検討することが大切です。

妥協して患者が入らなくては元も子もありませんから。そのご必要な設備や備品などを揃ええ内装を決め、外装も完成すればほぼ準備は完了です。場合によっては鍼灸院のスタッフの募集なども必要かもしれませんね。