産後のお腹のたるみを解消する会 » 帝王切開をした時には

産後と帝王切開

出産というくくりでは同じであっても、帝王切開と普通分娩では事情は大きく異なります。メスで切って赤ん坊を取り上げるので当然、普通分娩よりも入院期間が長くなります。

また、しっかり治ってない時に無理をすると傷口が開いてしまう危険もあるので、この場合は産後2ヶ月程度は運動は避けた方が良いです。

とはいえ、まったく動かないというのも身体が弱ってしまうので問題です。傷口に障らない程度の運動として、室内を軽く歩き回ってみたり、産後すぐの方に向けた簡単な体操を行うなどという方法が考えられます。

このような体操であれば横になったままできるので、産後すぐでも充分に対応が可能です。産褥体操と言うのですが、深呼吸を意識したり、足首を立てたり伸ばしたりといった、本当に簡単なものです。

しかしこの簡単なものを行うかどうかで、後々の回復速度がまったく異なってきます。多少なりとも動いていれば筋肉も鍛えられますが、まったく使わないでいるとどんどん衰えてしまって、普段の生活に戻るのも大変になってしまいます。

産褥体操は開いた骨盤を元に戻したり、妊娠中に衰えやすい筋肉を少しずつ鍛えたりといったことに視点を置いて考えられたものですので、産後に最適です。

また、退院後もすぐに激しい運動をすることは避けた方が良いでしょう。ウェストを引き締めるコルセットや骨盤ベルトでたるみを戻す方法というのがよく言われますが、帝王切開の場合は傷口を圧迫することになってしまうので、危険です。

まずは完全に治すことを考え、骨盤ベルトやコルセットはそのあとに行うのでも遅くありません。その間は、傷に負担をかけない軽いストレッチを行うようにするといいでしょう。

出産直後の時期は栄養が母乳に持って行かれがちで、痩せやすい時期でもあります。無理なダイエットをしなくとも、最低限の運動を栄養バランスのとれた食事を心がけるだけで元に戻ったという人もいます。

なんにせよ、とにかくまずは身体の調子を元に戻すことを優先し、無理をしない生活を心がけましょう。