産後のお腹のたるみを解消する会 » 腰痛と脊柱管狭窄症

腰痛と脊柱管狭窄症

背骨の内部を通っている神経の通り道を、脊柱管と言います。この脊柱管が何らかの原因で狭くなると、その中を通っている神経が圧迫を受けることになりますが、このことで腰痛や痺れなどが起こる症状を、脊柱管狭窄症と言います。

脊柱管狭窄症は若い方から高齢者まで、ほとんどの年代で起こり得ると言われていますが、50代頃からが最も多く発症します。

また原因としては、加齢による骨の変化がありますが、生まれつき脊柱管が細い場合や、女性の場合は変性すべり症などから発展するケースも多く見られます。

脊柱管狭窄とは神経が圧迫されている状態ですので、腰痛の他にも様々な症状が起こります。例えば間欠跛行という症状ですが、これはしばらく歩いていると、だんだんと下肢に痺れや重だるさなどが現れ、そのうちに苦しくなってきて歩くことができなくなります。

またその直後からしゃがむなどして休んでいると、また歩くことができるくらいに回復します。この症状は特に特徴的ですので、同じようなことがあったらすぐにでも病院での検査が必要です。

歩くことができる時間については人それぞれ、症状によりけりです。1分の場合もあれば、10分、20分という長い例もあります。

高齢者の方は歳のせいだ、という考え方をしがちですが、思い込みも自己判断も決してよくありません。

また、脊柱管狭窄症では腰を反らせる、背筋を伸ばす、などの動作をした場合に腰痛をはじめとした痛みが強くなりますので、歩く時にかがんでしまう例が多くあります。

お年寄りもかなり角度がついている場合がありますので要注意です。神経の圧迫が緩みますので、自然な現象です。治療では、まず楽な姿勢、安静を保ちます、またコルセットで腰をガードすると気が楽になります。

腰痛などが強めに出ている場合は、神経の馬尾の血行を改善する薬剤や消炎鎮痛剤などを投与し、その他には神経に麻酔を打つブロック注射も有効です。手術の可能性が高い病気ですので、くれぐれも無理をしないようにすることが大切です。