産後のお腹のたるみを解消する会 » 頚椎ヘルニアと手術の評価

頚椎ヘルニアと手術の評価

手術による頚椎ヘルニア治療によって得られる一番の効果としては早期回復が望めるということでしょう。現に実際に完治したという方の意見としては、入院期間は2週間くらい要したがリハビリ後、退院してからはとても楽だった、というものや、頚椎ヘルニアが再発して以前は保存療法だったが、今回は手術を受けたところ保存療法の時よりもあっという間に頚椎ヘルニアの症状がなくなった、というようなものがあります。

頚椎ヘルニアをそのような方法で治す場合の費用やリスクなどが患者には不安視されていますが、実際に受けてみるとそこまでの負担を感じることなく回復に向かっているという感想が多いようです。

また費用面でも、基本的には保険が適応されるので自己負担額はおおよそ額面の3割程度で済むことになるため、頚椎ヘルニアが再発して治療に時間とお金をかけるよりも一度で完治させてしまいたいという考えの方も少なくありません。

麻酔が切れてからの1日程度は麻酔の副作用か具合が悪くてずっと臥せっていたという方も多いようですが、その副作用も翌日にはなくなっているので総合的に見てもそれほど苦ではないらしいです。

しかし、もちろんどの治療法にもデメリットはつきものなので患者によっては後遺症が残ってしまい、多少の手足の痺れに数年経った今でも悩まされているためお勧めしないという方もいます。

頚椎ヘルニアに限らず、全くのリスクがない術式のものは存在しないでしょう、ですから手術を受ける時にはある程度の心構えが必要ということかもしれません。

頚椎ヘルニアが重症化している場合には手術しか方法がないとされ、納得しきっていないまま受けるも結果として後遺症が残ってしまった、という症例もあります。なので、自分だけでは知識不足でどうしたらいいか分からないという場合にはセカンドオピニオンなどを使用しましょう。

実際にセカンドオピニオンを使用した方は、担当医に頚椎ヘルニアの治療には手術が必要と言われ第三者の医師には必要ないと言われ、保存療法を選び完治したということもあるのです。