産後のお腹のたるみを解消する会 » 家事をどうするか

産後の家事について

出産というのは女性にとって大きな負担のかかるものですから、産後は実家に帰って安静にしているという人も多いです。実家に戻れなくとも、夫が家の事をいくらか引き受けてくれるという場合もあります。

確かに、体調のことを考えると家の事のことは他の誰かに任せて、自分は赤ん坊の世話に集中するというのは理想的な環境です。

しかしだからといって、動かなくて良いというわけではありません。動かなければ筋肉はどんどん衰えて、脂肪が増えていってしまいます。

また、完全に人任せにしてしまう習慣を一ヶ月ものあいだ続けてしまうと、その後、家事を再開した時に体力的にも辛くなってしまいます。

それに加えて、出産直後の安静期にあまりにも動かずにいると、体力面だけでなく段取りまで忘れて、手際が悪くなってしまいます。そうなると、ただでさえ忙しいところに子供の世話まで入ってくるのですから、お母さんはてんてこまいで、運動をする余裕すらなくなってしまいます。

そういったことを考えても、安静にした方が良い時期とはいえ、子供だけに集中するのではなくその後の生活のことも考えて、身体を動かすことを意識して軽い体操などをした方が良いでしょう。

産後に限らず、掃除や洗濯といった家の様々な雑事は体力を消耗する重労働です。ですから、実家にいても食後の片づけなど簡単なことを手伝ったり、無理のない範囲で身体を動かすように心がけてください。

実家から戻る頃には体調も大分回復しているでしょうが、産後すぐにできる運動というのは身体に負担のかからない軽いものが主となりますので、まずは近所の散歩などからはじめるようにしてください。

身体が回復してくると、体型のことが気になるかもしれませんが、まずは体力を戻すことが先決です。産後半年~1年くらいは、激しい運動は禁物と考え、散歩や軽いストレッチを中心に行うようにしてください。

また、運動だけでなく、栄養バランスの良い食事や、骨盤の緩みを戻す骨盤ベルトなどを併用して日常生活を送るよう意識すると、より体型を妊娠前の状態に戻りやすくなります。