産後のお腹のたるみを解消する会 » どのような病気?

どのような病気?

変形性膝関節症とは膝関節の骨が変形することによって膝に痛みが出るようになる病気で、非常に多くの患者がいます。

変形性膝関節症患者の数は確認されているだけでもおよそ700万人にも上り、まだ発見されていない人も含めればもっと多くの方がこの病気に悩まされていることになります。

それでは、この変形性膝関節症とは一体どんな病気なのでしょうか。冒頭で触れたように膝関節の骨が変形することによって起こる病気なのですが、一体なぜ膝関節の骨が変形していくのでしょうか。

原因の一つに挙げられているのが軟骨の減少です。軟骨は骨と骨との間にある柔らかい組織で、骨が動くことによって起こる衝撃をそのやわらかさでガードします。

そして、骨に掛かる負担を少なくすることができるのですが、この軟骨は加齢などが原因で弾力性を失われてしまう組織で、20歳以降段々と劣化していってしまいます。

そのため老年層になる頃には、軟骨はかなり削れ安い状態になっているか、既に削れ初めてしまっている場合が非常に多く、健康な状態なら十分にある骨と骨との隙間がほとんどなくなってしまっています。

これにより骨と骨とが直接触れることなり、そのときの衝撃により膝に痛みが出てくることになります。

それが続くうちに骨と骨とがお互いを削りあい形を変形を起こしていきます。これが原因でO脚になったり、骨と骨との隙間がますます狭くなり痛みも増していきます。

それ以外にも症状は増えていき、軟骨が削れたことにより軟骨の中にある関節液という体液が過剰に分泌され膝部分に溜まっていき膝が腫れ上がります。

この状態をいわゆる「膝に水が溜まった」と呼ばれる状態で、この関節液が原因で膝周辺の組織が炎症を起こしてしまいます。

この病気は運動療法や理学療法といった保存治療による治療が望めますが、症状が進みすぎた場合は、変形性膝関節症の手術をする必要があります。

手術する場合は、骨を削ったり人工関節を取り付けたりするなど大きな手術になってしまうので、出来る限り初期症状が出ているうちに治療することが望ましいです。