産後のお腹のたるみを解消する会 » 目の健康を考える

目の健康を考える

人間が五感の中から一番多く情報を得ているのは視覚からの情報です。人間は視覚からの情報がなければ不安になりますし、一番たよりにしているところがあります。

それなのに多くの方は矛盾した行動をとっている事が多い様に感じます。特に若者にみられるのが、長時間や暗闇でのゲームやテレビを視聴する事です。

それらはどう考えてもいいことではありません。テレビであれば合間で休憩をはさみ、休める事が出来ますが、ゲームに限っては時間が許す限り続行し続けることが多いのではないかと感じます。

推測に過ぎませんが、ゲームが発達した近代はそこまでゲームが面白く開発されていない当時より、圧倒的に若者世代の視力は低下しているはずと考えます。

なにもゲームやテレビに夢中になる事がまずい事ではなく、それに夢中になりすぎて健康維持を無視してしまってしまうことは非常に良い事ではないかと思います。

ただでさえ、光を放つ画面は視覚に強い刺激を与えて疲れてしまうので、合間に休憩を挟むのが利口なやりかたでしょう。

ゲームなどに関わらず、他の事でもやはり健康を意識するのは非常に大切な事だと思います。そうして負担をかけ続けてしまうと、病気になってしまうことも可能性としては0ではないと思います。

目の病気とは怖い印象を持つのは誰しも共通して思っている事でしょう。生活の中でどれだけ視力に頼っているかと考えると視力が衰えた場合にどれだけ不便になるかと思うと計り知れません。

なので、出来ることは視力の健康を向上とまではいわずとも、維持していくのはとても大切な事なのではないでしょうか。

リラックス法など雑誌などで紹介されている事もあり、良く効果があると聞くのでは、暖かいタオルをかぶせて血行を良くするようなケアなどありますが、負担を減らして健康を保っていきたいですね。