産後のお腹のたるみを解消する会 » 接骨院と整体院の違いについて

接骨院と整体院の違いについて

接骨院では国家資格を有する柔道整復師が施術を行います。では整体とは何でしょう?名前が違うだけで得意分野なども違うのでは?とか、骨だけでなく身体全体の不調をより広範囲に扱うのでは?とか、接骨よりも新しい方法を用いるのだろうか?など、様々なイメージが入り乱れているような場合も少なくないようです。

実は整体院には明確な資格がありません。つまり場合によっては整体師本人がまったく専門知識を持っていない、というようなこともあり得ます。

また保険ももちろん適用できませんし、治療の内容にもルールが無いため、間違った施術をする可能性も大きいと言えます。

しかし一般的には矯正治療やマッサージなどが主体となっています。また痛みが無い施術をモットーとしているところがほとんどですので、もしも痛みがある、患部そのものを揉み解してもらった、などの場合は知識がないと疑うべきです。骨を無理にボキボキと鳴らしたりするのも問題があります。

整体はでは通うべきではないのでしょうか?そんなことはありません。整体でも腕のいいところはたくさんあります。腰痛の中でも重度の症状であるヘルニアでも、ヘルニアが自然治癒したという例も少なくありません。接骨院に言ったら整体院を勧められるという場合もあります。

これは接骨でも言えることです。また接骨も免許を持っているからといって、現場知識の少ない若い接骨院での治療はあまりお勧めできません。

このように接骨と整体はあくまでも違いが明確です。鍼灸やカイロ、指圧など、東洋的施術にも様々ですが、それぞれのメリットを把握してからベストな治療方法を選択することが先決です。

ちなみに接骨院では健康保険、組合保険や共済保険、政府管掌保険(協会けんぽ)などのシステムが利用可能です。また生活保護者の方は市役所で通院手続きをすることも可能です。様々なパターンがありますので、事前に接骨院に確かめるようにするのがお勧めです。