産後のお腹のたるみを解消する会 » 治療方法

脊柱管狭窄症

治療方法

神経の圧迫により起こる激しい神経症状が特徴の腰部脊柱管狭窄症の治療は、短く済む場合はほとんどありません。

また、末期の症状が現れたケースではすぐにでも手術をしますが、その他の場合は保存療法、つまり手術をしない方法を用いて症状の軽減を試みます。

腰部脊柱管狭窄症の主な保存療法として、まず薬物療法があります。痛みがある場合には消炎鎮痛剤、またしびれに対してはビタミンB12製剤が多くもちいられます。

また、歩行障害が起こきている場合は、プロスタグランジン製剤を使用して身体の血行を改善させます。薬物治療では、必ず医師の指示した用法を守り、副作用などを未然に防ぐように努力することが大切です。

その他の腰部脊柱管狭窄症のリハビリや治療法には、腰サポーターやコルセットなどの装具を用いる装具療法があります。

腰を伸ばしたり、反ることで痛みが増強するため、主には前かがみの状態で固定するものが用いられ、神経への刺激が軽減されることで、日常生活を改善したり、リハビリの効果をアップさせるためにも効果があります。

また神経ブロックでは、痛みを訴えている神経に直接麻酔薬を注射することで、痛みの伝達を遮断します。このことで、神経の治癒力を高めることもできますが、良好に向かう例はそれほど多くはありません。

また保存療法でも症状が一向に改善しない場合は手術を検討します。腰部脊柱管狭窄症の狭窄状態が軽度であれば、セラミックなどを用いた前方固定術、また狭窄がそれ以上進行している場合は、後方からの固定術が用いられることが多く、術後の経過はどちらも安定しています。

整形外科での療法をごくざっと紹介すればこのようになりますが、リハビリにも重点を置きます。また手術をしたくないという方がストレッチなどのリハビリをして高い効果を上げる例が多くあります。

高額で侵襲性の高い外科治療を受ける必要がなくなるという点ではかなりメリットが大きく、また手術を回避することができて、安定した生活を送っているという例も多くあります。また鍼灸でも高い効果を上げたという例が少なくありません。