産後のお腹のたるみを解消する会 » ブロック注射とアトピー

ブロック注射とアトピー

アトピー性皮膚炎になると、身体のあちこちに痒みが起こり、どうすれば早く解決できるのだろうと悩んでしまうことも多くなります。また、この場合でもブロック注射が有効です。

このような症状に有効なのは、星状神経節ブロック注射です。これは、いわば喉にある神経のツボです。ツボですからたくさんの神経が集まっていますが、主には頭や顔面、首や肩、腕や胸、心臓や肺などの神経が集まる部位です。

この部位に対してブロックをしますが、ごく少量の局所麻酔薬だけで効果があります。またアレルギーの場合やヘルニアのブロック注射などは回数が多くなり、一般には3~5回程度は必須だといわれています。

麻酔薬によって麻痺すると、それまで持続していたアトピーによる緊張が緩みます。このことで、呼吸や脈拍、血圧や体温、睡眠や排尿などを制御する自律神経が調整されます。このことで様々な疾患の改善に高い効果をもたらします。

アトピーの場合はしつこくてどうしようもなかった痒みも改善されます。よく注射で軽減するよりも体質改善が先である、と言われますが、やはり痒みがしつこいから改善もうまくいかない、という場合はあります。

このような場合には、神経ブロックがもっとも効果的、とも言われています。日本人はミネラルが不足しがちです。

このことでアトピーも増えやすく、必要不可欠な栄養分が不足していることはかなり悪影響を及ぼしますので、食事だけでもコントロールすると効果もアップします。

また星状神経節ブロックはレーザー治療としても応用されています。交感神経を抑え、また副交感神経を優位にすることで、内分泌の機能や免疫機構の正常化を促進させることができると言われています。

ブロック注射よりも効果は減りますが、レーザーですから注射のようにほとんど痛みの心配もなく、女性でも安心して受けられる方法として、皮膚科を含めその他の分野でも取り入れるところが増えているそうです。

椎間板ヘルニアの痛みを抑えるにはブロック注射は非常に効果的です